例えば東京や大阪などの都市部に長い時間いるのであればWimaxが向いています

例えば東京や大阪などの都市部に長い時間いるのであればWimaxが向いています

例えば東京や大阪などの都市部に長い時間いるのであればWimaxが向いています。。ところが最近だと公共の施設とか学校や飲食店の多くではフリーで使えるwi-fiスポットが増えてきているから逆にあまり必要ないかも。

現在の技術ではモバイルデータ通信を利用して通信速度の優位性を求めるというのは不可能といえます。利用可能なエリアの中の同一位置だとしても1階と2階とか、屋内なのか屋外なのかでも実際の回線の速度は変わるものなのです。

興味があれば、自宅に速度の速いWIMAXのルーターを設置していただくと、、パソコンだけではなくスマホも同時に使用できます。一緒に接続することが可能な台数はルーターの性能により違いますが3〜4台だったら問題なく使えます。

外や移動中にインターネットに接続して利用したいならwimaxなんですが、自宅とか職場など普段は決まった場所がメインで利用するようなケースなら従来のADSLで無線LANを利用するほうが低価格であるし回線の状態にしてもかなり安定するのでおススメです。

ただしゲームであるとかデータ量が膨大なマルチコンテンツや色々な形式のプログラムを実行するには、どうしてもPCの直接操作が欠かせないことから、WiMaxよりもフレッツ光を使う方がいいでしょう。


接続が簡単なWiMAXは、広い屋外だけでなく、空港や駅以外にも、カフェや球場などの公共の建物、一部の列車の中や地下街にいるときまでネットを利用できるようエリアの拡大が現在も進んでいるところです。

ここ数年はNTT以外のADSLだと何年か昔と比較すると大変低価格になりました。でもNTTまでの距離さえ短ければ、ADSLによる通信でも十分満足できる回線能力を得ることができるケースが普通なんだそうです。

WiMAXだとゴチャゴチャになってしまうケーブル類がありませんから、パソコンやデスクの周りが整理できます。お掃除が行き届きにくくゴミやホコリがたまりやすい固定回線の接続のためのモデム及びケーブル等は使いません。

今、有線ネットワークの契約を結んでいて、しかもその契約内容がある程度高速な契約だとすれば話題のWiMAXに契約を変えると絶対に1/5〜1/10程度まで遅くなるものであると思ってください。

申し込んだプロバイダーごとで新規契約したことによるキャッシュバックを実行してくれるタイミングが違います。口座への入金までには新規利用開始から規定の期間を経て約12か月後というところが大部分となっています。


簡単に言えば、無線LANの仕組みは、まずはルーターから電波を飛ばさせて、その電波が届く範囲にある無線LAN子機内蔵PCと無線LAN親機の役割のルーターとの間で通信しているというわけ。

難しくありません。Wi-Fiルーター端末っていうのはネットからの無線回線とモバイル通信機器をWi-Fi規格の無線LANによって繋ぐことができる端末のことです。同時に2台以上の機器をWi-Fi規格の無線LANによって繋ぐことができるのです。

会話の中で無線LANのこととWi-Fiという名称のことを混同してしまっている事がありますが、本当はWi-Fiっていうのは違う無線LAN対応機器のデータのやり取りの互換性が間違いないことを実現する為の呼称であるだけなのです。

もともと無線LANというのは部屋の中だけで利用することを許可されたネットワーク機器である。このためアンテナを屋外に設置すれば電波法違反ということで罰せられる可能性があります。決して法律違反をせずにWiMAXなどを利用するべきです。

WiMAXを利用する場合は状態が良いとおよそ10M、一般的にはおよそ1.5〜5Mで回線速度は安定しないものだと思ってください。また電波の入らない所ではいくらエリア内でも使用できないのです。